現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

ネキシウムという薬品は、もともとエソメプラゾールという薬品名があり、逆流性食道炎や胃潰瘍の薬として使用されています。
エソメプラゾールは日本国内では2011年に製造販売されており、ネキシウムという商品名で流通されていますので、エソメプラゾールもネキシウムも同一の薬品です。

ネキシウム(エソメプラゾール)には胃酸の分泌を抑える効果、消化性胃潰瘍、逆流性食道炎を治療することができる効果があります。
薬品効果はヒスタミンH₂受容体拮抗薬ヒスタミンH₂受容体拮抗薬と同じ効果があり、胃腺の壁細胞内では、水素イオンを放出させ、カリウムイオンを取り込む酵素でもあるプロトンポンプの働きを阻害します。
胃酸の分泌を抑制効果があり、逆流性食道炎や胃潰瘍などの症状に効果があり、プロトンポンプ阻害薬として使用されています。

抗菌薬の抗菌作用を高める働きがあるため、ピロリ菌の除去治療に他の2種類の抗菌剤と合わせて使用される場合もあります。
他に服用薬を飲んでいる場合は、ネキシウム(エソメプラゾール)は薬の作用を弱めたり、強めたりする可能性があるため、副作用が出る可能性もありますので注意しましょう。

ネキシウムは症状によって服用量が異なる?

胃をおさえる男性

ネキシウム(エソメプラゾール)の服用量については、病気の症状や年齢などによって違いがありますので、服用量は医師の指示に従い、服用する必要があるでしょう。
逆流性食道炎や胃潰瘍などの症状が長引く場合には、長期間服用してもよいかどうかを医師に確認しましょう。

日本では、プロトンポンプ阻害薬として使用されており、逆流性食道炎や胃潰瘍の薬として処方される場合もあります。
胃酸の分泌量をコントロールする働きがあり、胃潰瘍、逆流性食道炎、胃痛、胃の不調、慢性胃炎の病気で、胃酸過多が原因で起こる病気の治療薬として使用されています。
また服用量は年齢や体重、症状によって違いがありますので医師や薬剤師の指示に従い、服用する必要があるでしょう。

1日1回ネキシウム(エソメプラゾール)を服用すれば、その効果は24時間続きますので、その間は胃酸の分泌を抑え続けることができますので逆流性食道炎や胃潰瘍などの症状を改善させる効果があります。
ネキシウム(エソメプラゾール)は薬の効果が安定しているため、胃酸分泌抑制薬として日本国内では逆流性食道炎や胃潰瘍を改善させる薬としてよく使用されている薬です。

詳しい服用量とは

逆流性食道炎や胃潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍の場合は、成人であれば1日約20ミリグラムを1回服用します。
服用期間にも病気の症状により違いがありますので注意しなければなりません。

胃潰瘍、吻合部潰瘍の場合は服用期間は8週間程度、十二指腸潰瘍の場合は服用期間は6週間程度が目安です。
胃潰瘍、逆流性食道炎の場合も1回20ミリグラムを1日1回服用し、8週間程度服用し続けますが、胃潰瘍などの症状を何度も再発を繰り返す場合は、服用量を調節しながら1日10~20ミリグラムを服用していきます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患っている方の大半がヘリコバクター・ピロリ菌が胃の中に存在していますので、ピロリ菌を除菌することによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍を根本的に治療することができるでしょう。

ピロリ菌には抗菌薬も併用する

ピロリ菌を除去するためには、ネキシウム(エソメプラゾール)の単独服用だけではなく、他の抗菌薬を同時に服用することによって除菌効果を高めることができます。
成人の場合であればネキシウム(エソメプラゾール)が20ミリグラムに対し、アモキシシリン水和物が750ミリグラム、クラリスロマイシンが200ミリグラムから400ミリグラムの割合で、3種類を同時に服用していくと除菌効果を高めることができるでしょう。
服用はこの量を1日2回、服用期間は7日間連続で服用し続けていきましょう。

ピロリ菌の除菌に成功しなかった場合においては、再びネキシウムを使用して除菌を行わなければなりません。
クラリスロマイシンでは効果がなかったため、違う抗菌薬であるメトロニダゾールを使用していきます。
服用量はネキシウムが20ミリグラム、アモキシシリン水和物750ミリグラム、メトロニダゾール250ミリグラムの割合で服用していきましょう。
服用は必ず医師の指示に基づき、服用しなければなりません。

薬を飲み忘れた場合について

ピロリ菌の除菌期間中に、万が一、薬を飲み忘れてしまった時は、気がついたときにすぐに服用しましょう。
次の服用予定時間に近い場合であれば、1回分の服用を飛ばしていき、次の服用時間に1回分を服用しましょう。
この時、注意しなければならないのは2回分をまとめて服用してしまうことです。
万が一、服用量を間違えて多く飲んでしまった場合は副作用が出る可能性があります。

ピロリ菌の除菌は胃酸の分泌を抑えるネキシウムと2種類の抗菌薬の合計3剤を正しく服用することによって、1回目の除菌後で約75%の確率で除菌できるというデータがあります。
なるべく1回目で除菌が成功出来るように正しく服用しましょう。

ピロリ菌が正しく除菌できたかどうかについては、除菌後にピロリ菌の検査を行います。
もし除菌できなかった場合は、再び除菌治療を行う必要があります。
注意しなければならないことは、何度も除菌をし続けていくとピロリ菌の一部には抗菌剤に対する耐性ができ耐性菌が現れてしまうことです。
耐性菌が現れてしまうとピロリ菌を完全に除菌することができなくなってしまいます。
また二次除菌治療を行っている間は、アルコールの摂取を控えるようにしましょう。

ネキシウム服用時の注意点

STOP

プロトンポンプ阻害薬でもあるネキシウム(エソメプラゾール)の薬効は作用が強力であるため、服用量は必ず守らなければなりません
胃酸の分泌が多く胃の症状が悪化している場合にはネキシウム(エソメプラゾール)を服用することで、逆流性食道炎や胃潰瘍などの症状を抑えることができますので、病院ではまず逆流性食道炎や胃潰瘍の症状に対してネキシウム(エソメプラゾール)を最初に処方する場合も多いのが特徴です。

プロトンポンプ阻害薬には色々な薬品がありますが、中でもネキシウム(エソメプラゾール)は効果が高いということでもよく知られています。
胃の分泌腺には壁細胞があり、プロトンポンプという部分があり、胃酸分泌が行われています。
胃酸の分泌が多くなることによって逆流性食道炎や胃潰瘍などの症状が引き起こされることになります。

胃酸の分泌を抑制するにはヒスタミンH2受容体拮抗薬を使用することがありますが、プロトンポンプ阻害薬はヒスタミンH2受容体拮抗薬に比べるとさらに強力な胃酸分泌を抑える効果があり、その効果を長時間持続させることができますので逆流性食道炎や胃潰瘍などに効果があります。

ネキシウム(エソメプラゾール)を逆流性食道炎や胃潰瘍の治療薬として服用するときに、注意しなければならないことがあります。
それは、体内の血中濃度がある程度維持されていないとプロトンポンプ阻害薬としての効果を発揮することができないという点です。

薬の効果を十分に発揮するためには

プロトンポンプ阻害薬としての効果を発揮するためには、胃の中が胃酸で活性化されていないとプロトンポンプ阻害薬としての薬用効果を発揮することができなくなります。
そのため、プロトンポンプ阻害薬として活性化されるためには、ある程度時間が必要だということと、胃酸の量によって左右されるため、プロトンポンプ阻害薬としての効果には個人差があります。
そのため逆流性食道炎や胃潰瘍の薬として服用した場合、薬用効果が出るまではある程度時間が必要です。

プロトンポンプ阻害薬の中には、胃酸によるプロトンポンプ阻害薬の活性化が不要であるというものや、血中濃度が薄くてもプロトンポンプ阻害薬としての効果を発揮できるものもあります。
薬用効果が発揮出来れば逆流性食道炎や胃潰瘍の症状を改善させることが出来るでしょう。

タケキャブ(ボノプラザン)

たとえば、タケキャブ(ボノプラザン)のようなプロトンポンプ阻害薬であれば、胃酸、血中濃度に左右されずに、プロトンポンプ阻害薬の効果をすぐに発揮することができますので、急いで胃酸を抑えたい症状の場合はプロトンポンプ阻害薬としての効果が強力なネキシウム(エソメプラゾール)を使用するよりも、プロトンポンプ阻害薬としての効果が弱いタケキャブ(ボノプラザン)を使用した方がよい場合もあります。

逆流性食道炎という病気は、酸性度の高い胃酸が胃の内容物とともに食道へ逆流してしまう病気です。
逆流性食道炎になってしまうと、食道は胃酸を防御する機能を持ち合わせていないため、食道の粘膜が炎症を起こしてしまい、食道内に炎症などの症状が起こってしまいます。

すぐに逆流性食道炎の症状を抑えたい場合は、プロトンポンプ阻害薬としての効果が弱いですが、即効性のあるタケキャブ(ボノプラザン)を使用した方がよいでしょう。
慢性的に逆流性食道炎の症状が長期間続くという方は、プロトンポンプ阻害薬の効果が高いネキシウム(エソメプラゾール)を使用することによって根本的に治療をすることができます。
どのプロトンポンプ阻害薬を使用するかは最終的には医師と相談しながら決められるとよいでしょう。

ネキシウムを服用できない人とは

ネキシウム(エソメプラゾール)の服用が禁忌だとされている方もいます。
それはアタザナビルまたはリルピビリンを服用されている方です。
併用して服用すると副作用が現れ、血中濃度が低下し、ネキシウム(エソメプラゾール)の薬用効果が弱まります。
また薬の溶解性がphに傾き、胃酸分泌が抑制されネキシウム(エソメプラゾール)の吸収が弱くなるという性質がありますので、このような副作用が出た場合はすぐに病院を受診しましょう。

ネキシウムの副作用

お腹をおさえる男性

プロトンポンプ阻害薬でもあるネキシウム(エソメプラゾール)服用時には個人によっては副作用が出る方と副作用が全く出ない方がいますので、副作用が出た場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

最も多い副作用は下痢

ネキシウム(エソメプラゾール)の副作用で最も多いのが便が柔らかくなってしまうことや下痢が続いてしまうことです。
特に長期間の間、ネキシウムを服用しなければならない方は副作用が出やすいので注意しなければなりません。
胃潰瘍の症状を抑えるために長期間服用する場合は、副作用が出やすいため、医師と相談しながら別のプロトンポンプ阻害薬に変えるなどして様子を見た方がよいでしょう。

下痢の副作用が出る原因には、ネキシウム(エソメプラゾール)を服用することにより胃酸の量が減るからです。
胃酸を薬で抑えることによって消化機能が正常に働かなくなる副作用があるため、便がゆるくなってしまうのです。
便はゆるくなってしまっても、胸やけなどの症状を抑えた方が身体にとってメリットが高いため、多少の副作用には目を瞑りネキシウム(エソメプラゾール)を飲んだ方がよいでしょう。
下痢などの副作用が辛い場合には、医師に相談しプロトンポンプ阻害薬の効果の弱い薬に変えて貰い様子を見るという方法もあるでしょう。

胃の不快感や胃痛

下痢の副作用以外にもネキシウム(エソメプラゾール)には、胃が痛くなってしまったり、胃の不快感などの副作用があります。
ネキシウム(エソメプラゾール)の服用を中止することによって胃の不快感が消えますが、ピロリ菌の除菌として服用している場合は多少の胃の不快感は我慢し、服用し続けた方がよいという場合もありますので、この場合も自己判断で薬の使用をやめずに、必ず医師の判断に従った方がよいでしょう。

ネキシウム(エソメプラゾール)を服用し続けると、腹部に膨満感などの副作用が出てきます。
またお通じが悪くなってしまったり、反対にお通じが1日に何度もある場合もあり、便通に関する副作用には個人差が大きくあります。
便がなかなか出ない場合はガスがお腹の中で溜まり、逆流してしまう場合もありますので、この場合は水分や野菜、ヨーグルトなどを積極的に食べるようにしましょう。
下痢になった場合も、水分は多めに摂取することが大切です。

この他の副作用には肝機能異常という症状やびらん性胃炎症状、貧血、発疹、味覚障害などの症状があります。
このような副作用の症状がある場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

重篤な副作用の危険性

副作用の初期症状を軽く見て放置しておくと、強い副作用が出てしまう場合もありますので注意しなければなりません。
例えば、ショックやアナフィラキシー様症状、血小板減少、肝機能障害、黄疸、中毒性表皮壊死融解症などの症状が出てしまう場合もありますので、異変があった場合はすぐに病院を受診しましょう。

ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬であるため、継続的に胃酸の分泌が抑えられ続けられます。
そのため、新たにプロトンポンプが体内で作られない限りは、新しい胃酸が分泌されないことになります。

そのため逆流性食道炎の治療薬として、長期間プロトンポンプ阻害薬を使用し続けることによって胃の酸性度が低下し、消化機能の副作用が続きます。

プロトンポンプ阻害薬を長期間使用することによって副作用の影響を受け続けることは健康上もよくありませんので、逆流性食道炎や胃潰瘍などの病気はいつまでも薬に頼らず、食事や生活習慣を改めるなどして、自分で生活を改善させていかなければなりません。
またネキシウムにいつまでも頼り続けることによって、逆流性食道炎や胃潰瘍の症状から解放されることもなく、薬品の吸収率が悪くなるため、他の薬の効果も落ちてしまう可能性があるため注意しなければならないでしょう。

ネキシウムは使用するのに注意が必要な薬であるため、逆流性食道炎や胃潰瘍などの治療に用いる場合は、長期服用や副作用などの面も合わせて、医師と治療方針をよく相談しながら使用されるとよいでしょう。

Recommend