現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

お腹の痛みは十二指腸潰瘍かも?治療法は?

十二指腸潰瘍とは、胃潰瘍と合わせて消化性潰瘍とも呼ばれています。
十二指腸の粘膜がはがれたり、粘膜のさらに下の組織の一部がなくなったりすることで、不快な症状が起こるのです。
粘膜が荒れるなどの場合は「びらん」と言いますが、粘膜よりも下に炎症が進行すると「潰瘍」となります。
十二指腸潰瘍になりやすい人というのがあり、30歳代から40歳代の男性に多いのが特徴です。

十二指腸潰瘍の症状には腹痛があり、痛む場所と時間に特徴があります。
痛む場所は、みぞおち、胃、上腹部で、空腹のときに強い痛みを感じることが多いです。
空腹になる早朝や夜間などにも強い腹痛が起きやすいです。
空腹時に痛みが出るのは、胃酸が十二指腸に流れることが原因となることが理由で、食べ物や飲み物が胃に入ることで痛みが和らぎます。
ですが、十二指腸潰瘍でも、腹痛の症状が出ないこともあり、腹部に違和感のみ感じることがあります。

その他にも症状があり、食欲不振、胸やけ、吐き気、嘔吐、膨満感などを感じます。
胃酸が多く分泌されたり、胃や十二指腸の動きが悪くなるので呑酸と呼ばれる酸っぱいげっぷが出ます。
十二指腸が変形することもあり、細くなる狭窄が起こることで、吐き気や嘔吐の症状が出るのです。
十二指腸の粘膜の炎症がひどくなると、穴が開く「穿孔」が起こり、腹膜炎となることがあります。
また、粘膜からの出血により起こるのが、吐血と下血です。
下血は気が付かないこともありますが、タール便と呼ばれる真っ黒の便が出ます。
下血にならなくても少量の出血が続くと貧血の症状が出ることもあるのです。

十二指腸潰瘍の治療法は、原因によって変わります。
基本的には薬物療法を行い治療をします。
ほとんどの十二指腸潰瘍は薬によって治すことができます。
ただし、十二指腸から出血がある場合は、止血の処置が必要になります。
止血をした後に薬物療法を行います。

お腹の痛みがある場合、痛む場所や時間によって十二指腸潰瘍の可能性があるのです。

十二指腸潰瘍の治療法は薬?手術?

十二指腸潰瘍の治療法は、薬物療法が基本です。
十二指腸潰瘍になる多くの原因は胃酸が多く出すぎることが挙げられます。
プロトンポンプ阻害薬や、H2ブロッカーなどの薬を服用して治療します。
H2ブロッカーは、胃酸を分泌するきっかけとなる物質が受容体に結合しないようにする作用がある薬で、プロトンポンプ阻害薬は、胃酸の分泌を抑える薬です。
これらの薬を決められた期間飲み続けることが必要になります。
1年間服用することもあります。

十二指腸潰瘍の検査では、ピロリ菌の確認も行われます。
ピロリ菌に感染することが十二指腸潰瘍の原因でもあります。
感染が確認されたら、まずは除菌することが必要になり、抗生物質を指示された期間服用します。
プロトンポンプ阻害薬も併せて服用します。
ピロリ菌が除菌できると症状が出なくなりますが、再びピロリ菌に感染してしまうと再発します。

頭痛薬や解熱鎮痛剤を飲み続けることで、胃酸の分泌が増えることがあり、潰瘍ができる原因となります。
これらの薬を使用している場合は、使用を中止することから治療が始まります。

十二指腸潰瘍が進行し、出血がある場合は止血処理を行います。
ほとんどは内視鏡を使用して負担が少ない方法で止血をすることが可能です。
症状がひどく、内視鏡で止血ができない場合は、外科手術を行います。
また、潰瘍がひどく穿孔が起きているときも手術による治療を行いますが、腹膜炎などの症状によっては手術は行わずに経過を見ることもあります。
十二指腸が潰瘍によって変形や狭窄をしてしまったときも、手術による治療が行われます。
十二指腸潰瘍はほとんどが薬の服用で対応できるため、手術が必要になるのは数パーセントです。
内視鏡を含め手術を行ったときは、数日間の入院が必要となります。