現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

ネキシウムで便秘になったその理由とは?

胃腸の損傷などで、ネキシウムを服用しているという方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そして、その副作用などに悩んでいる方もいるかもしれません。
例えば、ネキシウムによる便秘などが考えられるでしょう。
このような副作用を抑えるためにはどうしたらいいのか考えていきたいと思います。

そもそもネキシウムとはなんでしょうか。
ネキシウムの作用は、「胃酸の分泌を抑えることによって、消化性潰瘍を改善する」です。
消化性潰瘍とは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のことを指します。

これは、ストレスやピロリ菌などの感染によって胃酸の分泌が活発になってしまったり、粘膜の防御機能が弱くなると胃腸の粘膜が胃酸に耐えられなくなってしまうため、ただれてしまったり、えぐれてしまうといった症状のことを言います。

症状としては、上腹部、みぞおちなどの痛みを基本的に感じます。
そして、食欲不振やお腹にハリを感じる、胸やけがするなどといった症状もあらわれます。
ひどくなってしまった場合、血を吐いてしまったり、便に血が混じることもあります。
最悪の事態には、胃腸に穴が開いてしまうことがある、とても恐ろしい病気です。

この病気を緩和させるために服用するのが、ネキシウムです。
先ほども効果を記載した通り、ネキシウムを服用することで、胃酸の分泌を抑えることによって、消化性潰瘍を改善することが可能です。
そのため、ストレスによって胃酸が活発になったり、菌の感染によって粘膜が弱ってしまったときには、このネキシウムを服用することで、胃酸の分泌を抑え、症状を緩和させる必要があります。

服用する場合には、いくつか注意点があります。
一回に服用する容量は、症状の違いによって変わってくるため、医師の指示が必要です。
しっかりと決められた量を服用しましょう。

そして、服用した時に副作用がでる場合があります。
重大なものもありますが、便秘などの軽い症状のものや、すぐに気付く場合もあります。
では、このような副作用がでたらどうすればいいのでしょうか。

ネキシウムは便秘薬との併用は可能?

ネキシウムを服用している場合、副作用として便秘以外にも、下痢などにも悩まされる場合があります。
そのとき、ネキシウムとそのほかの便秘薬などを一緒に服用してもいいのかということが気になるところです。
実際に併用してもいいのでしょうか。

結論からいってしまうと、便秘薬などと一緒に服用することはできません。
そして、覚えておいてもらいたいことが、一緒に利用してしまうことは危険なことということです。
なぜ、一緒に利用してはいけないかと言いますと、便秘薬が腸に届くまでに、薬が溶けてしまうからです。
ネキシウムは、胃で作用してほしい薬ですが、便秘は腸で溶けなければ、効果は出ません。
そして、胃で便秘薬が溶けてしまうと、胃に余計な負担がかかってしまいます。
そのため、便秘薬の効果は弱まり、胃にも負担がかかり、とても危険な状態になってしまいます。
なので、一緒に薬を服用するということはやめておきましょう。

しかし、どうしても症状が治らない、どうしてもどちらの薬も飲みたいという場合はありますよね。
そのような場合になってしまったときには、同時に服用するのではなく、一つの薬を服用してから、最低一時間あけてからもう一つの薬を飲むようにしましょう。
このとき、どちらの薬を先に飲んでも問題はありません。
症状の強い、我慢ができないほうから飲みましょう。
または、決められた時間があるなら、そちらを先にするのもいいかもしれません。

しっかりと決められた容量を服用していても、薬は併用して飲むことで、危険な場合があります。
副作用で悩まされる場合もあったり、しっかりとした効果が得られないこともあるので、しっかりと確認してから服用するようにしましょう。