現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

妊婦の人は逆流性食道炎になりやすい?

妊娠中は、今までになかった様々な体の変化、体の不調があります。
妊娠して現れる体の不調の一つに逆流性食道炎があります。
逆流性食道炎は、肥満の人や高齢者が発症しやすいイメージですが、妊婦さんもなりやすい症状です。
妊婦さんが逆流性食道炎になってしまう原因は大きく2つの原因があります。

逆流性食道炎は、食べたものが酸性の胃液や胃の消化中に食べたものが食道に逆流して食堂が炎症を起こして胸やけや吐き気などの体の不調を起こす症状のことです。
通常は食道と胃をつなぐ下部食堂括約筋という筋肉が胃酸や食べ物を防いでくれていますが、何かの原因で筋肉が緩んでしまうと逆流を防ぐ機能が弱くなります。
消化器科や内科で検査をしてもらって発覚する場合が多いです。

妊娠に伴ってホルモンバランスが変化しますが、このことが影響するといわれています。
妊婦さんは妊娠を維持するためにプロゲステロンという黄体ホルモン(女性ホルモン)の分泌量が増えていきます。
プロゲステロンが増えると消化機能が低下してしまい、食べたものの消化までに時間がかかり、食道の筋肉を緩める作用もあります。
その結果、胃酸の分泌が増えて食堂に逆流しやすくなってしまいます。

妊娠に伴って大きくなっていく子宮も原因の一つです。
胎児が成長して子宮が大きくなると、胃は大きくなった子宮に圧迫されていきます。
胃の中のものがその圧迫の影響で逆流しやすくなります。
逆流して嘔吐を繰り返してしまうとのどや食堂に炎症を起こしてしまいさらにひどくなるケースもあります。

妊娠中には、逆流性食道炎と似た症状に初期つわりが訪れます。
逆流性食道炎の症状は胸やけや嘔吐、げっぷや胃のむかつきなどで、胃酸が逆流しやすいので、食後すぐに前かがみになったり横になったりすると症状は治まります。
つわりもほとんど同じ症状ですが妊娠12週から16週にはつわりが収まってきます。
もしその週数を過ぎてもつわりの症状が治まらない場合には、つわりではなく逆流性食道炎の可能性が高いです。

妊婦の逆流性食道炎はすぐに病院にいくことが大事

逆流性食道炎は、すぐに病院に行き適切な処置をしてもらうことが重要です。
妊婦さんはつわりだと思って我慢する人もいますが、胸やけや吐き気、胃のムカつきなどを感じつことが多い場合には一度産婦人科に相談すると症状が治まる可能性があります。
症状がひどくなり食事がとれなくなってしまうと脱水症状などを引き起こす可能性もあります。
そうなると、妊婦さんだけでなくお腹の子供まで影響を与えてしまう可能性もあるため早めに行って診断してもらうことが重要です。

逆流性食道炎は、産婦人科以外にも専門の消化器科や内科に行っても症状を診てくれます。
また、産婦人科で紹介状を書いてくれ、内科や消化器科に検査しに行くことを勧められることもあります。
専門の内科や消化器科では、逆流物が液体かきたいかを区別する検査などを24時間逆流の様子を検査したり、胃カメラ検査などを行い今後の治療法を検討していきます。
治療法としては、生活指導や薬物療法、そして内科的治療を行うか検討していきます。
場合によっては外科的治療を行う場合もあります。

妊娠中の治療にはたいてい薬を処方されることが多いですが、副作用も懸念されるため強い薬は処方されませんが、胎児にも影響のない胃酸抑制薬を処方されることはあります。
症状が軽い場合には薬が処方されない場合もありますが、症状がひどい場合には栄養が取れず胎児に影響が行くこともあるため薬を処方される場合があります。

妊婦だからと言って薬を服用してはいけないということはありませんので、一度産婦人科や消化器科などに相談することが重要です。
体の不調がある場合には、市販薬を自己判断で服用せずにすぐに病院に行き診断してもらい正しい治療をしてもらうことが重要です。