現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

胃潰瘍で吐血した場合の対処法

時と場所を選ばない吐血は軽度や一般的な病気の症状と違い緊急性を要する場合もあります。
また吐血にも出血を起こす場所に違いがあり、正しい対処方法を行わないと様々な危険を伴う為、注意と慌てず早急かつ的確な手当てが必要です。
何らかの原因で「血を吐く」行為を大きく分けて、「吐血(とけつ)」「喀血(かっけつ)」と呼びます。
同じように口から血を吐き出しますが、原因や出血する場所に違いがあります。

喀血の場合は肺や気管支といった呼吸器系からの出血の事を指します。
多くは咳や痰を一緒に吐き出すことが多く、あまり多量ではない鮮血(鮮やかな状態の血)であることがほとんどです。
また喀血が起こる前に、肺や気管支が泣くといった異常を感じることもあります。

吐血は上部消化器官(食道や胃・十二指腸など)からの出血によるもので、胃潰瘍などの消化器の病気による出血が原因とされています。
胃潰瘍などは嘔吐とともに起こることが多く、出血の量自体が少なくても胃液や吐しゃ物が血に染まってしまい暗褐色や黒い血の色といった嘔吐物が大量に出てしまうこともあります。
また消化器官からの出血の場合は、何かしらの痛みを伴うこともあるようです。(痛みの強さなどは個人差があります。)

このように吐血してしまった場合は、出血と精神的なショックから体温が下がりやすく、貧血や転倒などを起こしやすくなっているので、保温しながら座らせる・安静に寝かせるなどの方法が効果的です。
また出血の量に関わらず、顔色が悪い・震えるなどの症状が見られた場合は病院に搬送するのではなく、応急処置を行いながら救急車を呼ぶようにします。
再度吐血することを考慮し、無計画に動かしたり、嘔吐物が気道に詰まったりしないように様子を見ながら見守る必要があります。
血や吐しゃ物は感染症予防の為、素手で触れるような行為は避け、可能であれば吐いた血などをビニールなどで二重に保存し病院のスタッフや医師に見せるようにします。
(吐血した血で病気を判断できる場合もありますが、医師の診断の違いで不要な場合もあります。)

吐血した場合は入院するの?

基本的に吐血した場合は、出血の量に関わらず検査入院を行う場合が多く、患者の症状のレベルにもよるようですが、通常の怪我や軽度の症状のように、応急処置後に帰宅できるケースは少ないようです。
吐血はそれだけ軽視してはいけない深刻な病気が隠れている症状のひとつといえます。

また症状が落ち着いたとみせかけて、再度嘔吐や吐血をしてしまうことで、弱っている体での窒息の危険や大量出血による絶命の危険性も高いのです。
大量の吐血の多くは胃潰瘍など内臓疾患などによるものが多いので、胃カメラなどを扱う病院で検査する方法が一般的です。
症状のレベルによりますが、入院は約10~2週間ほど費用は10~15万円が一般的といわれていますが状況により個人差が発生します。
重症であればあるほど入院期間は長期間になってしまいますので、胃潰瘍の場合はあまりに思いつめたり、少し良くなった程度でまた負荷がかかってしまうと、ちょっとしたストレスなどで症状が再発・進行してしまい、退院が遅れてしまうこともあります。

病院から早くでて通常の生活に戻りたい人も多いでしょうが、入院するということは普通の状態ではないので、胃潰瘍のような簡単に改善しにくい病気にはゆったりとした気持ちで向き合うようにしましょう。
また入院の費用や日数などは個人差が大きく、その時の状況などで左右されてしまうので事前になにか対策をしたい場合は、日頃から健康診断を受けて体調管理をしっかりする、ストレス対策など自主的な体のケアを行う、万が一の時のために疾病保険などへの加入をしておくなどが効果的です。

また血を吐く前には必ず通常とは違う痛みや不快症状など病気の兆候がでる為、見逃さずになにか異常を感じた場合は早急に病院で診察を受けるようにします。