現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

胃潰瘍の初期症状を知る!

胃潰瘍はストレス社会の中で高い発症率となっている病の1つであり、誰でも罹る可能性を持っています。
その症状になかなか気づかなければどんどんと胃の粘膜や皮膚がただれてしまい、仕事や勉強などに影響します。
若い世代での胃潰瘍発症のケースも少なくありません。
初期症状を見極めて然るべき診断や治療を受けることが欠かせません。
急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍ではやや症状が異なることにも注意が必要です。

胃潰瘍に罹ったことが分かれば早期に治療を受けることが出来ます。
しかし、胃潰瘍の原因はヘリコバクター・ピロリ菌という悪玉菌なので、いつ罹ったか判断することが出来ず治療が遅れてしまうことがあります。
加えてその症状が風邪や熱の初期症状と似ており、安静にしていれば治るとの勘違いを生み出してしまいます。
これが初期治療が遅れてしまう大きな理由です。

ストレスも胃潰瘍における大きな原因の1つです。
しかし、どの程度ストレスを受ければ発症するかは人それぞれであり、ストレスを感じてお腹が痛くなればそれが胃潰瘍であると言い切れず、単にストレスで腹痛を起こしているだけかもしれません。
単なる腹痛であれば胃薬などを飲んで処置をするケースが多いですが、万が一胃潰瘍だった場合には市販薬だけで治すのは困難です。

急性胃潰瘍では急激な腹痛が表れるため、その瞬間から何も手につかなくなることもあります。
もし、近くに誰かがいる場合は救急車を呼ぶことも考えられます。
ただし、単なる腹痛の可能性を恐れ、家で経過を観察する方も多いです。
腹痛だけでなく、吐き気を伴っている場合は胃潰瘍の可能性があります。

慢性胃潰瘍では急性胃潰瘍に比べると腹痛が幾分軽度であるため、放っておく方もおられますが、完治させるためには医師の診察を受けることが重要です。
ちょっとしたストレスですぐに腹痛を起こす方は慢性胃潰瘍に罹っている可能性があります。
重症化しないうちに対応することをお勧めします。

胃潰瘍の原因はピロリ菌?調べる方法

胃潰瘍の症状はまず上腹部の痛みから始まります。
みぞおちが疼くように痛んだときは要注意です。
胃潰瘍の原因はピロリ菌にありますが、ピロリ菌があるからといって必ず発症するわけではありません。
気をつけておきたいのは、およそ30%の方は腹痛の初期症状が発生しないということです。
ピロリ菌が日常的に胃の表面を傷つけている慢性胃潰瘍の際には腹痛がそれほど酷くないケースもあります。

胃潰瘍の初期症状の特徴として吐き気を催すことが挙げられます。
これは急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍のどちらにも共通する症状です。
胃潰瘍では胃酸の分泌が極端に多くなるため、これが吐き気の原因となります。
食欲もだんだんと失われてきます。

重い胃潰瘍の初期症状においては吐血を引き起こすこともあります。
これはピロリ菌が胃の粘膜の外側まで傷をつけてしまっている状態です。
特に急性胃潰瘍で発生しやすく、すぐさま医師の診察を受ける必要があります。
吐血の量が多い場合は緊急内視鏡検査が必要となることもあります。

胃潰瘍の初期症状は他にもあります。
それは黒色便です。
胃の粘膜の深層にある血管が露出されて破れた際に発生する症状です。
普段とは明らかに違う色になるので比較的気付きやすい症状です。
吐血ほどの衝撃はないかもしれませんが、症状としては重い状態であり、こちらもすぐに医師の診察を受ける必要があります。

他の初期症状としては腰痛の症状や背中の痛み、胸焼け、口臭などがあります。
いずれも単独ではただの不調と思われがちですが、複合的に症状が現れた場合は要注意です。
早めに対処すれば重症化を避けられる可能性があるので、少しでも症状に思い当たるところがあった場合は病院に行くようにしましょう。