現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

胃潰瘍は自然治癒で治る?その条件は何?

胃潰瘍は、過剰な胃酸などによって胃の粘膜が壊される疾患で、その結果、食後の胃痛や胸やけ、吐き気などの症状が出やすくなります。
その治療としては薬物療法が行われることが多いのですが、自然治癒で治る場合もあります。

胃潰瘍で自然治癒が可能になる場合としては、これが比較的軽症で、過剰な胃酸分泌を防ぐだけで胃の機能が正常に戻りやすいという場合が考えられます。
また、ある種の菌など、薬を使って除去しなけらばならないようなものが原因ではないということも条件になります。

軽症の胃潰瘍の場合は、その原因が不規則な生活や偏った食事、ストレスなど、生活面での問題であることが多いので、生活習慣を改善し、ストレス解消を心掛けることで自然治癒も可能になると言えます。
そして、喫煙や過度の飲酒などは胃酸の分泌を増やし、粘膜の血流を悪くする可能性があるので、このように胃の健康に良くないものを摂らないだけでも、胃潰瘍が自然に治りやすくなります。
なお、一部の鎮痛剤なども原因になることがあるので、薬を飲む場合も気をつけた方が良いでしょう。

さらに自然治癒力を高めるには、消化の良い発酵食品を摂ったり、代謝を良くし、便秘を防ぐような野菜を食べるなど、胃腸の健康に役立つような食品を摂るようにすることが大切です。
また、適度な運動も血液の循環を良くして胃腸の状態を改善する可能性があるので、自然治癒の方法として積極的に取り入れると良いでしょう。

ただ、ここで気をつけるべきなのは、自分の場合の胃潰瘍が本当に自然治癒が可能かどうかということを自分だけで安易に決めてしまわないということです。
それを確かめるには、病院へ行って内視鏡などの検査を行い、胃の状態をしっかりと検査してもらった上で、手術や薬が不要であるということを確認することが必要です。
そして、そのためには胃腸科など、専門的な治療を行っているようなところへ行って、検査や相談を行うようにすると良いでしょう。

胃潰瘍には重曹が効果あるの?

胃潰瘍の自然治癒を考えた場合に、効果的と言われて注目されているものに重曹があります。
重曹は、がんやインフルエンザ、肝臓病などの改善に幅広く役立つと言われて人気が出ているものですが、胃潰瘍の改善にも効果があると考えられています。

胃潰瘍の自然治癒のために重曹を使ってみようと思う場合は、コップ一杯の水に匙で一杯程度の重曹を入れるだけで、飲むことができます。
また、水の味だけでは飲みにくいと思う場合は、かんきつ類や黒酢、はちみつなど、他の栄養分が多く、味が良いとされる食品と一緒に摂ることも可能です。

重曹を入れた水で効果を上げるためには、毎日コップ一杯程度の量を継続的に飲むようにすることが大切です。
そして、重曹を使うと酸とアルカリの中和反応が可能なので、これによって胃酸を中和し、その結果、胃酸による刺激が緩和されて、辛い胃潰瘍の症状が改善されることが期待できます。
また、このような重曹水は胃潰瘍の自然治癒に役立つだけでなく、疲労回復やダイエットなど、それ以外の健康上の効果もいろいろと考えられるので、その点でもお勧めできる方法と言うことができます。

さらにこのような重曹水では、添加物がないので、薬の場合と違って副作用の心配が殆どなく、その点でも安心して、誰もが試しやすい方法と考えられます。
ただ、これはメリットも多く、実際に効果が出ているものでもありますが、病気に対する効果には個人差があるので、自分の場合に効き目があるかどうかは実際に試してみて、しっかりと確認することが大切です。
そして、効果がない場合には、胃潰瘍の専門医のところに行って相談し、自分の症状に合った治療法を探すようにすることをお勧めします。