現代人に多い胃の不調。胃はストレスや疲労からすぐにコンディションを崩します。そんな胃の不調を助けるべく処方される医薬品、ネキシウム。ネキシウムを服用すればすばやく胃を修復することが出来ます。

逆流性食道炎はストレスで悪化するの?

胸焼けに悩んでいる場合、逆流性食道炎を疑って見た方がいいかもしれません。
逆流性食道炎は食道に起こる症状です。
通常、食道は咀嚼された食べ物や飲み物が嚥下によって送り込まれて胃に運び込むために通る管状の内臓器官です。
正常な食道は胃との境界に下部食道括約筋があり、胃にものを運び込む時に緩めてそれ以外は閉じた状態にします。
これは胃の中にある胃酸が姿勢によって食道へ流れ込まないようにする大切な機能です。

逆流性食道炎は、その下部食道括約筋で抑えられるはずの胃酸がいろいろな原因によって逆流してしまう症状です。
胃は粘膜によって守られているため胃酸の強い酸に耐えることができます、食道には粘膜がないため酸により傷つけられ炎症を起こします。
この症状が継続的に繰り返されると胸焼けや不快感などの症状が現れます。
影響は部分的なものに止まらず日常生活に及ぶことがあります。
食べたいものが食べられなくなったり、気分が冴えなかったり、夜眠れなかったり副次的な症状に繋がります。

逆流性食道炎の原因にはいろいろなものがあります。
胃に起因するものとして胃酸の分泌量の増加があります。
嗜好性の強いアルコールやコーヒー、高脂肪、高たんぱく質のものなどを食べることで胃酸が一時的に増加し、その分が逆流するような場合です。
また、胃酸はそのままで胃にかかる圧力が増加することで逆流することもあります。

食道に起因するものとして、加齢による下部食道括約筋の圧力低下や食道知覚過敏などがあります。
食道知覚過敏はストレスなどの原因により食道が過敏になって発症するものです。
胃酸は通常でも逆流することがあります。
微量であれば炎症を起こすことはありませんが、食道知覚過敏になっている場合は、異常に反応することで炎症を引き起こす恐れがあります。

そのためストレスが強くなると問題となる逆流ではない状態でも炎症が起きてしまいます。
原因が特定できないため悪化しやすくストレスを取り除くことでしか改善することがありません。
仕事が忙しい時は注意が必要です。
悪化させないためには適度な運動と十分な睡眠が効果的です。

食道に起因するものとして、加齢による下部食道括約筋の圧力低下や食道知覚過敏などがあります。
食道知覚過敏はストレスなどの原因により食道が過敏になって発症するものです。
胃酸は通常でも逆流することがあります。
微量であれば炎症を起こすことはありませんが、食道知覚過敏になっている場合は、異常に反応することで炎症を引き起こす恐れがあります。

また鎮痛剤などを過度に飲んだ時は悪化することがあります。
そのため鎮痛剤であるロキソニンやボルタレン服用時には一緒に胃腸薬も服用するべきです。

治療中にはストレスを溜めずに発散する

ストレスが原因の逆流性食道炎の場合は炎症を抑えながらストレスを取り除くことで改善します。
仕事が忙しい時や仕事による極度のストレスが原因となることが多くみられます。
治療中でもそのままの状態を続けると悪化することもあります。
悪化させないためには適度な運動と十分な睡眠がおすすめです。
長時間の仕事は睡眠時間を削り、運動する機会を減らします。
それがストレスを感じることになり症状を悪化させます。
治療中は特にストレスが溜まらないように心がけます。
特に座った状態が続く事務的な仕事の人は注意が必要です。

ウォーキングなどの比較的簡単な運動は疲労を回復させる効果が期待できるためストレス発散に有効です。
ジョギングなどの負荷の強い運動よりも散歩程度の方が疲労回復には効果的です。
なるべく多く酸素を取り込むことができる有酸素運動であることが重要ですが、あまり難しいことをする必要はありません。
無理なく継続できることが大切です。

睡眠は精神的にも効果が期待できます。
必要なのは睡眠時間を長くとることでではなく質の良い睡眠をとることです。
そのためには睡眠の2時間前までに食事を終わらせることや入浴などで体を温めておくこと、紫外線などを浴びるようなテレビやスマートフォンを見ないようにするなどの対策が必要です。
また、寝るときに嫌なことを考えないようにする心がけも大切です。
どうしても眠れない時などはホットミルクなど内臓に負担のかからない温かいものを飲むことでリラックスした状態にします。
間違ってもアルコールを摂取するようなことは避けるべきです。
アルコールは気分を高揚して睡眠の質を下げることや逆流性食道炎を悪化させる原因となる恐れがあります。